発達障害の改善に役立つと考えられるサプリメントの効果とおすすめのサプリのランキングを掲載しています。

少しでも生活や仕事の支障を無くすために情報をお役立てください。

発達障害を楽にするサプリメントとは?

悩みを抱えた女性

発達障害は精神的な疾患というよりは、脳機能の障害が原因となって日常生活や人間関係で支障が起きていると考えられています。

ですから、治療を行ったからといって治るというものではありません。

しかし、脳機能をサポートするトレーニングや栄養療法によって、少しでも障害をカバーするような対策は有効のようです。

特に低年齢であるほど効果が現れやすく、育てにくさや困った言動がかなり少なくなったという実際の体験談は少なくありません。

また成人してからも、脳が必要とする栄養を十分に補給してあげることで、仕事や家事の面で少しずつできることが増えたという方もおられます。

では、特にサプリメントに関しては、発達障害の方にはどのようなものが向いているのでしょうか?

まずは栄養バランスが大切であり、特に発達障害の方はそうでない人よりもビタミンやミネラルを消耗しやすいと言われますから、栄養補給型のマルチビタミンのサプリや青汁を毎日摂取しておくと栄養不足を防げます。

その上で、何らかのトレーニングを行ったり、新しい仕事を習得したり、新たな習慣を身に着けようとする場合には、機能型のサプリメントしてDHA・EPAのサプリメントをお勧めします。

それで、この記事では特にDHAサプリメントの効果について取り上げてみます。

DHAサプリの発達障害の改善についての効果

脳内の伝達イメージ

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、イワシやサンマなど青魚に多く含まれる脂質の一種です。

DHAは人間の体内では細胞膜を構成し、細胞膜はDHAが多く含まれるほどやわらかくなるといわれています。

またEPA(エイコサペンタエン酸)も、やはり魚に含まれる脂質で、こちらは必要に応じてDHAに変換されるという特徴があります。

これらDHA・EPAが発達障害の改善に役立つと言える理由は、脳の情報伝達に関わっているためです。

DHAやEPAが十分に存在すると、情報伝達のカギを握っている脳の神経細胞の細胞膜の流動性・透過性が高まり、脳内で情報がスムーズに伝達されやすくなるのです。

特に発達障害を持つ方の脳機能の特徴として、脳の部位の離れたところ同士の連携がうまくいかないということがあるようです。

そのため物事を全体的にとらえたり、長期的に計画を立てたりするという点で苦手だったり、他人の心の動きを想像するということが難しかったりします。

しかし、脳内での情報伝達の効率を高めた上で訓練を行うなら、その訓練の効果性を一層高められると考えられ、それまで苦手だった分野についても、脳内での処理がスムーズにいきやすくなる可能性があります。

もろちんサプリメントを摂取しただけで、苦手が克服されるわけではありませんが、療育やソーシャルスキルトレーニング、その他の日常生活の訓練を併せてDHAをたっぷりと補給するなら、それらの訓練が身につきやすくなると言えるのです。

発達障害サプリのおすすめランキング

DHA・EPAのサプリの中で特に発達障害にお悩みの方におすすめのものをランキングしました。

発達障害サプリおすすめ1位 美健知箋EPA&DHA

発達障害サプリおすすめ1位 美健知箋EPA&DHAの特徴

美健知箋EPA&DHAの特徴は、
・DHA独特のにおいを特殊カプセルで無臭に
・アルミパック個別包装で酸化防止
・1日分750mgのDHA、EPAを配合
・直径3mmの小粒で飲みやすい
・製薬会社のサプリという安心感
・初月1,000円と試しやすい価格

という感じです。

価格 容量 1日分のDHA・EPA配合量
 定期初回1,000円(税込)  30包入(約1ヶ月分) 750mg
原材料
 DHA・EPA含有精製魚油/ゼラチン/EPA含有製魚油/グリセリン/酸化防止剤(ビタミンE)
備考
 定期コース2回目以降4,980円。いつでも解約可能。通常価格は税込6,480円

美健知箋EPA&DHAの総評

ドリンク剤のユンケルで有名なあの佐藤製薬のDHAサプリメントです。製薬会社の品質で間違いのない製品となっています。DHAとEPAが合わせて1日分750mg配合されていますが、これは平均的なDHAサプリと比較した場合に2倍以上の配合量です。定期コースなら初回の価格も手ごろで、いつでも解約が可能ですから、まずはどんなものか試してみたいという方にピッタリです。

発達障害サプリおすすめ2位 オメガ3クリルS

発達障害サプリおすすめ2位 オメガ3クリルSの特徴

オメガ3クリルSの特徴は、
・オキアミ由来のクリルオイルを使用
・DHA、EPAの吸収効率が良い
・アスタキサンチンも1,000mg含まれる
・水銀など有害物質の影響が少ない
・老舗の製薬会社が開発

という感じです。

価格 容量 1日分のDHA・EPA配合量
  定期コース4,000円(税別)  1袋30粒(約1ヶ月分) 175mg
原材料
オキアミ抽出物/ゼラチン、グリセリン
備考
  1回のみ購入は5,500円(税別)、3個まとめ買いで1個あたり4,000円(税別)

オメガ3クリルSの総評

多くのDHAが魚油を原料としている中で、オキアミを原料とするクリルオイルを使用しているところに特徴があります。クリルオイルは魚油に比較してDHAの吸収率が3倍も高いと言われ、酸化を防ぐアスタキサンチンという成分もたっぷり含まれています。ですから、1日あたりのDHA・EPAの配合量では少ない数値にはなるものの、その効果については他のサプリに劣らないと言えます。

発達障害サプリおすすめ3位 きなり

発達障害サプリおすすめ3位 きなりの特徴

きなりの特徴は、
・EPA、DHA、DPAを合わせて1日分510mg配合
・クリルオイルを原料と酸化しにくく吸収されやすい
・ナットウキナーゼも配合
・特殊製法で魚臭さゼロ
・15日間の返金保証付き

という感じです

価格 容量 1日分のDHA・EPA配合量
定期初回1,980円(送料無料) 1袋120粒(約1ヶ月分) 510mg
原材料
DHA・EPA含有精製魚油、クリルオイル、納豆菌培養エキス、ビタミンE含有植物油、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、オレンジ香料、ビタミンB1,B2,B6
備考
定期コースの2回目以降は3,790円(税抜)

きなりの総評

DHA・EPA・DPAで合計すると1日分510mgとやはり高配合のサプリです。クリルオイルから抽出されているところに特徴があり、脂質の大敵である酸化を防いで、吸収を高める効果があるようです。血液サラサラ成分のナットウキナーゼを配合している点も他にはない特徴で、生活習慣病対策としても有用な製品となっています。

発達障害へのDHA・EPAの効果に関する研究

学校の授業風景

DHA・EPAと発達障害の関係については、イギリスのオックスフォード大学のアレックス・リチャードソン博士の研究が有名です。

同博士の研究では、児童493名を対象とした調査で血中のDHA濃度と読む能力・器用さや認知能力に関して明らかな関係がみられた他、DHA濃度が高いと注意力や行動に関する問題が少ないということが分かりました。

では、もともと血中DHA濃度が低くて、なおかつ問題行動を起していたような子供にDHAを与えるとどうなるかという点が気になりますが、それに関しての調査も行われました。

普通の学校に通う発達性協調運動障害児117人を対象に、DHAを多く含む魚油を3ヶ月摂取したグループとプラセボ(偽薬)を摂取したグループで変化を比較する試験が行われました。

この発達性協調運動障害児117人のうち、40%は読みとスペリングが年齢相応のレベルに達しておらず、30%超の子どもにはADHDの症状がみられていました。

DHAを摂取して3カ月後の結果ですが、DHAを摂取したグループでは何と正常児の読み能力(速度)の3倍超、スペリング能力では2倍超の上昇がみられたそうですから驚きです。

ちなみにプラセボのグループでは、読みが通常速度の1倍、スペリングは0.5倍未満の上昇ということで、明らかな差がみられました。

またADHD型の症状が軽減されることも確認されました。

発達障害と栄養素について

栄養価の高い野菜

発達障害の改善に役立つ栄養素としてDHA・EPAを中心に取り上げていますが、DHA・EPAを効果的に働かせるためにも、その他の栄養の摂取もおろそかにはできません。

以下に、DHA・EPA以外で意識して摂取したほうが良い栄養素をまとめます。

1 ビタミンB群

ビタミンB群は、複合体として働くビタミンの総称で、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンB12、葉酸の8種類があります。

相互に連携して働くため、どれかを単体で摂るというよりも、全体的にバランスよく摂取することが大切です。

脳の働きとの関連では、ナイアシン(ビタミンB3)は脳神経の働きを高める作用があり、不足すると不安感やうつなど神経症状が現れます。また多動はナイアシン欠乏と関係していると言われています。

ビタミンB6は、セロトニンやドーパミンなど神経伝達物質の生成に関与しており、意欲を引き出したり、心の安定性をもたらすのに関係します。

ビタミンB12と葉酸は、神経を守り、脳の発育を助けるビタミンです。不足すると無気力や疲れ、精神不安定につながります。

2 ビタミンC

抗ストレスホルモンであるアドレナリンの生成に関わっています。この栄養素が不足するとストレスに弱くなり、心身の不調を引き起こす原因になります。

3 ビタミンE

脳の血流を良くし、脳にダメージとなる酸化を防ぎます。

4 鉄

赤血球の成分として知られますが、脳との関連では神経伝達物質のドーパミンやセロトニンなどを作る補酵素となっており、欠乏することとうつ病やパニック障害のような精神状態が現れて、興奮しやすくなったり、物忘れや注意欠陥、睡眠障害などがみられます。

5 マグネシウム

ナイアシンと共に多動に関係する栄養素で、神経の興奮を抑える作用があります。また記憶力や注意力の改善に役立ちます。不足すると神経が過敏になったり、感覚の鈍さ、集中力の低下などが起こります。

6 亜鉛

発達障害の人は亜鉛の血中濃度が低い傾向があります。亜鉛が不足することで味覚障害・発育不全・機能性障害につながりやすくなり、さらに意欲や記憶力の低下、自閉傾向とも関係します。特に発達障害の子どもには大切になる栄養素です。

7 カルシウム

カルシウムは骨や歯だけでく、脳や神経に関しても重要な役割をもっています。神経情報の伝達を助けて、生命活動を正常に保つ働きがあります。欠乏すると神経過敏、睡眠障害や記憶障害が起こります。

8 たんぱく質

脳の乾燥重量の40%を構成し、神経伝達物質の原料となるのがタンパク質です。脳内の情報伝達を活性化させるためにも良質のたんぱく質は欠かせません。

 

私の一番のおすすめは美健知箋EPA&DHA!

この記事では主に、発達障害の方の生活や仕事のためのトレーニングの効果を高めるDHA・EPAサプリメントについて取り上げてきましたが、私の一番のおすすめは美健知箋EPA&DHAです。

何といっても、他のDHAサプリと比較して圧倒的に1日分の配合量が多いという強みがあります。

DHAは必須脂肪酸の一つですが、体内で作り出すことができないため、食物などを通して外から取り入れるしかありません。

しかし、日本人のDHAの摂取量は減少傾向にあり、年代によっては1日の推奨摂取量1,000mgの20%程度しか摂取できていないというデータがあります。

特に魚をあまり食べないという方の場合は、できるだけ高配合のDHAサプリを利用するようにしたほうが良いでしょう。

また、美健知箋EPA&DHAは、特殊カプセルの採用により小粒で無臭なので飲みやすいという点も大きなメリットです。

DHAサプリは魚を原料とするため、敏感な方は生臭さを感じて飲みづらくなることがありますが、美健知箋EPA&DHAの小粒カプセルなら子どもでも平気で飲むことができます。

実際に、美健知箋EPA&DHAを幼児期から与えているご家庭も少なくないようで、メーカーの佐藤製薬のお客様窓口では子どもの摂取に関する相談にもしっかりと対応してもらえるようです。

製薬会社の信頼の品質なので、安心して続けられる点もいいですね。

品質・飲みやすさ・安心感など考えたときに、発達障害の方のためのDHAサプリメントとしては、やっぱり美健知箋EPA&DHAがおすすめできます。

美健知箋EPA&DHAの詳しくは以下をクリックして公式サイトでご確認ください。
↓ ↓ ↓

美健知箋EPA&DHAについて詳しくはこちら

Copyright© 発達障害に負けない , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.